2011年12月10日土曜日

アイスランド・レイキャビク (2011年)

これも2泊だけど正味丸2日いなかった強行ツアー。その割には、見れない可能性が高いと思っていたオーロラは着いた日の夜に見れたし(オーロラレベルが低かったのでしろくもやっとした何かだったけど)、ゴールデンサークルのツアーも凍りながら流れる滝や間欠泉(周囲には凍った飛沫によって面白い模様が出来ていた)、プレートの境目など色々面白いものが見れたので良かったです。
行きしの飛行機で、デンマーク在住でよくアイスランドに出張に行かれる、という日本人の方と隣り合ったので色々教えて頂きました。
  • スリル・フラッカルというレストランがアイスランドで一番おいしい。
    ⇒ここは本当においしかった。おすすめ。メールで予約できます。
  • アイスランドの空港からレイキャビクの街中までバスで2500クローネ。街中まで大きなバスに乗って運ばれてから、それぞれのホテルに行く小さなバスに乗り換えて、おろしてくれる。街から空港に行く際も、ホテルに頼んでおけば、同様にホテルからピックアップしてくれる。朝の4時5時から運行しているので空港への行き来にタクシーを使う必要はまずない。
    ⇒これも本当。
  • フィッシュ・マーケットというレストランが魚が日本人にも食べやすい。
    ⇒…と言われたけど個人的にはあまり美味しくなかった…ごめんなさい…。英語をしゃべるスーツのお客さんが多かったので、欧米系?からの出張の人とご飯を食べるのに使われる店なのかな。内装も、外国人向けに和のテイストを出しました、みたいな六本木にありそうなレストラン。
  • 66°Northの服が温かい。シルバーアクセサリーがいろいろあって楽しい。
    ⇒結局買ってないのですが、シルバーアクセ好きの人は実際面白いと思います。66°Northの服は本当にどこにでも売っていた。
他にはホテルのシャワーは温泉だったり、温泉を利用したグリーンハウスでトマトやキュウリ、バナナを作っているという話も面白かった。行く前には「Bjorkが最大の産業の1つらしいよ」と冗談半分で言われたのですが、30万人しかいない国ですから十分にあり得ると思いました。

今回は状況がわからなかったのでツアーとホテルを代理店に頼んだけれど、ホテル、航空券(アイスランド航空がほぼ独占だがもう1社LCCがあるとのこと)、ツアー(Iceland Excursionなど)をそれぞれバラバラに自己手配しても大丈夫そう。

その他の写真はGoogle+にて。パケ定額圏外だったので携帯百景はなし。

1 件のコメント:

職務経歴書のテンプレート さんのコメント...

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。